Twitter
■CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
■MOBILE
qrcode
■LINKS
■PROFILE
■OTHERS

LSS Laboratory blog

日々の話(仕事の話が多めなとりあえず岡部個人のブログ)
Lssオリジナルディスク

Lssオリジナルプラグとディスクはまだ到着していませんが、発売したら四角も欲しいと必ず言わられる予感がしたので6サイズ製作する事にしました。



謙虚にロゴは裏側です^_^

 

お楽しみに〜

それでは皆様、明日もすばらしいアクアライフを

| 日々のはなし | 23:59 | - | - | - | - |
R/Oを自動給水にして貯水する場合のXPAQUA/autoaqua Ultimate ATO(安全対策強化型 自動給水装置)

XPAQUA/autoaquaからリリースされたUltimate ATO(安全対策強化型 自動給水装置)についてのブログです。

昨日は自動給水についてでしたが、本日はR/O装置を使用して貯水槽の残量に対して自動で給水する為の設置方法についてのブログです。

 

まず、Ultimate ATO(日本モデル)は水用の電磁弁が別売りとなっております。

R/Oの制御には必ずこちらが必要なのでお買い求めください。

 

下記イラストのように電子弁をメンブレンよりも前に設置します。

今気が付きましたが・・・・1つ目のイラスト以外コントローラーのイラストが縦長になってしまっています。。。
本当は1つ目のタイプの丸型になります。ホームページは近日訂正いたします。
2つの目のイラストはセンサーだけでなく、電磁弁も故障してしまいわずかに通水してしまう場合でも安心のフロートバルブを組み込んだ例です。超安全対策ですね◎

fwef.png

 

こちらも先ほどご説明したようにコントローラーのイラストが間違っております。

ごめんなさい。

下記のスタイルは加圧ポンプを組み込み使用される方に推奨する方法です。

加圧ポンプを自動で停止させるためにLPS/LPPSを使用した例(上段)と、さきほど同様にセンサー&電磁弁が故障してしまった場合でも安全なように フロートバルブを組み込んだ例です。

LPS/LPPSは水圧の低下を受けて加圧ポンプを自動で止めるためのセンサーになります。
こちらもコントローラーのイラストが縦長になってしまっています。。。
本当は1つ目のタイプの丸型になります。近日訂正いたします。

fdsdfs.png

 

下記は浄水器の老舗であるマーフィードさんが販売しているアクセサリー類です。

私がLPS/LPPSと書いてあるのがマーフィードさんの商品ですとLPPになります。
AFRなどもありますね。
組み合わせに関しては知識のある専門店さんにお尋ねください。

fewf.jpg

 

それでは皆様、明日もすばらしいアクアライフを

 

| AutoAqua(自動給水関連製品) | 23:59 | - | - | - | - |
4アイセンサー搭載 自動給水 Ultimate ATO (XPAQUA/autoaqua)

XPAQUA/autoaquaからリリースのUltimate ATO(安全対策強化型 自動給水装置)の出荷を開始いたしました。

ショップ様には昨日ご案内書をメール/FAXにてお送りしています。

日本には既に入荷していましたが発売が遅くなり大変ご迷惑をおかけいたしました。

 

商品について簡単にご説明させていただきます。

本製品は世界初4アイセンサーを搭載した安全対策に力を入れた商品です。

発売はアメリカのXPAQUA. 製造はAutoAqua社です。

AutoAqua社は当社がかなり古くから販売しているATOでは最も実績のあるメーカーと言っていいと思います。

 

Ultimate ATOの4アイセンサーは下記のような構成です。

青が日々の動作に対しての情報を読み取るセンサーです。とい隆屬ON/OFFするとイメージしていただければよいと思います。

万一スキマーの泡・コケ・貝などによりのセンサーに動作不具合が起きても´△任眥篁澆了惻┸号を出す装置です。

従来のモデルより2つ停止指示を出す仕組みになっています。

これにプラスして初期に読み取った動作時間の10 倍動いた場合には自動停止します。

これはセンサーのすべに問題があったても動作する強制的な安全機能です。
(例: 5 秒が初期動作時間とした場合は50 秒で自動停止)

無題.pngfew.png

 

設置は他のATOと変わりません。

唯一異なるとすればセンサーカバーを取り外し、青センサーと黄色センサーを任意の位置に取り付けられる事です。

fweefw.png

 

本製品には下記のパーツがセットになっています。

自動給水に必要な一式がセットになっていますので、貯水槽をご用意いただければ使用できます。

feww.png

 

商品の紹介ページは下記になります。

写真クリックしていただければアクセスできます。

fwfe.jpg

 

 

現在LSSではAutoAqua/XPAQUA/TUNZEの3社のATOを販売しています。

簡単な商品使い分けとしては

メイン水槽に設置: TUNZE(フロート式)

サンプに設置:AutoAqua/XPAQUA(オプティカル式)
を進めています。
今回発売したUltimate ATOは大変セキュリティーを強化していて安心してご使用いただける製品となっておりますが、長い販売の中で自動給水の暴走事故はほぼありません。
それはAutoAqua/XPAQUA/TUNZEの製品にはセンサー以外での保護機能がついている為、安価な中国製のATOのような事故が発生する確率が極めて低いからです。
AutoAquaで現在発売している


Smart ATO Lite

Smart ATO Duo

Ultimate ATO

共にオーバータイム機能が付帯していますので、Smart ATO liteでも十分に安全です。

予算でお悩みの方はLiteでも十分に安心してご使用いただけます。

 

 

また、日本では別売りとしている水用の電磁弁1/4と組み合わせていただく事でR/Oの自動給水も実現できます。

こちらについては次回のブログでご案内させていただきます。

おっと。。。肝心なATOの導入でこんなメリットがあるというご案内を忘れてしまいした。。。
自動給水システム(ATO)導入のメリット

海水魚水槽で使用するとこんな効果が期待できます。

・塩分濃度の安定(各種微量元素量の安定、生体の浸透圧の負担軽減、結果的には病気予防にもつながります)

・スキマー スキミングの安定

・各種機器の故障防止(ヒーター空焚き防止/スキマーポンプの水なし運転等)

塩分濃度の安定はとても大切ですね。
最近は微量元素が細かく測定できる時代になりました。これにより理想的な水質環境をキープすることが可能になりましたが、水位(蒸発分)を常に保たなければ塩分濃度が上昇し、微量元素量も簡単に上昇してしまいます。
慌てて蒸発水を補えば微量元素量は一気に低下いたします。
理想的な微量元素の安定を求める場合は塩分濃度の上昇を無くすために自動給水装置(ATO)は必需品です。
ぜひ、自動給水装置を検討してみてください。
それでは皆様、明日もすばらしいアクアライフを

 

| AutoAqua(自動給水関連製品) | 23:59 | - | - | - | - |
バナーだけ変更 0o (笑)

コンテンツはまだ更新できていませんがバナーだけ変更。

71224674_2944030852323821_2190599312856055808_n.jpg70813582_2944030885657151_5900376077825474560_n.jpg
BK/faunaは明日横浜入港、来週金曜日にLSS入荷予定です。
autoaquaの4アイ/octo pumpとスキマーは明日ショップ様に案内予定です。

32234.png

ergeewr.png

 

それでは皆様、明日もすばらしいアクアライフを〜

| 日々のはなし | 23:59 | - | - | - | - |
アクアギフトさんリアクター設置

アクアギフトさんより社内用カルシウムリアクターの注文があり、リーフライブの一般販売していない大型のリアクターを出荷させていただきました。


通販中心のシッョプさんだからこそ生体の状態がお店の生命線。
リーズナブルなプライスで販売するため、ロス軽減の為にコストを惜しまないスタイルは素晴らしいと思います。
廃盤品・一般販売しておらず、店内用としてご使用いただける用品も多く在庫しております。
設備の強化を考えているショップ様はいつでもご連絡ください。

それでは皆様、明日もすばらしいアクアライフを〜
| 日々のはなし | 23:59 | - | - | - | - |