Twitter
■CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
■MOBILE
qrcode
■LINKS
■PROFILE
■OTHERS

LSS Laboratory blog

日々の話(仕事の話が多めなとりあえず岡部個人のブログ)
<< 生麦海水魚さんへ納品 | main | Vectra2 >>
雄蛇ヶ池〜

20年振りのフィールドへ。

雄蛇ヶ池

(下記はウィキペディアより)

その歴史は古く、江戸時代1614年(慶長19年)完成と伝えられている。

池の周囲は約4.5km、面積は約25万平方メートル、水深は浅く満水時最深部で4m程度である。整備された遊歩道により歩いて一周することができ、週末はウォーキングをする人や釣り人でにぎわう。池の形状が十和田湖にやや似ていることから「房総の十和田」の別称がある。

1970年代ころから、リリパッドと呼ばれる水草が茂った環境で、ソフトルアーを使って行うバスフィッシングの名所として知られた。1980年頃、堰堤工事のため水位を大幅に落としていた時期があった。また、同時期にソウギョが放流されたことで池の水生植物は激減することとなる。その後年月が経過し、2000年以降に水生植物が勢いを取り戻し繁茂しはじめたことから、2006年に再びソウギョが放流された。ソウギョの食害により水生植物は壊滅、代わりに藍藻類が繁殖しアオコ現象が発生している。ブラックバスブルーギルソウギョヘラブナモクズガニの生息が確認されている。また、1981年にはオオマリコケムシという奇妙な生き物が大繁殖している。

67719834_2864655700261337_3276203909542051840_n.jpg

 

68690036_2864655670261340_856931286487400448_n.jpg

昔は有名なバススポットでしたが今は釣れないみたいですね。
下記のグラフはつかじさん(https://ojagaike.com/2017/11/27/post-14309/)のものですが一目瞭然ですね。。。
冬に来るカワウと水草などの減少がおおきいようです。

 

都内からも行ける距離でこの雰囲気いいですね。

復活していただきたいものです。

67971954_2864655843594656_9206472092164292608_n.jpg

 

そして、今回の釣行目的は6Sの新商品テスト

キッャブ・UVマスク

68477096_2864657193594521_1600548274710773760_n.jpg

 

夏武装。こんな感じになります(笑)

フィッシングマスクは日本の大メーカーさんのものに比べて通気性が抜群にいいですね。

薄手なので耳まで簡単に上げてこられます。

67764645_2864655740261333_3249381284727750656_n.jpg

 

そして、ワーム3種もテストしてきました。

スイムベイトは日本サイズもあり◎

67740890_2864655826927991_4787433382940246016_n.jpg

67911316_2864655750261332_8643596158209359872_n.jpg
色々テストしてきましたが2時間でダウン。
魚もお盆みたいです。
GoProも熱さで自動シャットダウンしてました。
会社で取説作れと天のお告げが聞こえましたので帰ります。

 

会社に戻りいろいろ検索したら

マムシ、マダニ、イノシシに注意してください & あと、スズメバチもですと。。。

自然豊かなフィールドということで。

 

それでは皆様、明日もすばらしいアクアライフを〜

 

| BassLab.jp | 23:59 | - | - | - | - |