Twitter
■CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
■MOBILE
qrcode
■LINKS
■PROFILE
■OTHERS

LSS Laboratory blog

日々の話(仕事の話が多めなとりあえず岡部個人のブログ)
<< 人生 | main | TUNZE 7097USB (8850LED編) >>
TUNZE 7097USB (モード)

先日ご案内した7097の問い合わせが多いので、Webアップ迄少し時間かかるので先にこちらでご案内いたします。

今回はライトの方ではなく、ストリームポンプの方に関連したモードのご案内です。

簡単ですが参考になれば幸いです。

 

 

主なモードは10個ほど

 

 

Wave simulation („Pulse only“) ウェーブシミュレーション

 pulse flow 時間(秒)とlow power(最小値)とhigh power(最大値)を設定することにより水面が上下する自然な波を水槽内に起こすことができます。

Simulation of tidal currents (“Interval”) 潮流のシミュレーション

 ポンプチャンネルの1と2を交互に切り替えることが出来ます。ポンプを両側面に設置し交互に水流を流すことにより潮流を再現できます。※水流は1分〜12時間の切り替え時間が設定できます。

Sequential pump circuit (sequential)

 ポンプ(最大回路)は次々と水流を発生していきます。(水流が次々と増えていきます。)

ポンプ1→1&2→1&2&3→1&2&3&4の時間を調整できます。

Random flow (sequential) 連続したランダムな流れ

 ウェーブシミュレーションとポンプの連続的な水流の組み合わせにより、水槽内に数多くの面白い流れが再現できるでしょう。

Oscillating current using Wavebox (Wave controller)

 Comline Wave BOXを使用し潮の流れを再現します。

 ポンプチャンネル3&4にComline Wave BOXを接続することによりウェーブコントローラーとして使用できます。

Oscillating current using Turbelle® pumps (Wave controller)

 Turbelle® Stream pumpsを使用し潮の流れを再現します。

 ポンプチャンネル3&4にTurbelle® pumpsを接続することによりウェーブコントローラーとして使用できます。

feeding mode (Foodtimer)

 Multicontroller7097(赤いボタン)で、ポンプを止めることができます。 約1〜15分(調整可能)後に再始動します。

night mode

 ナイトモードをセットすることにより、ポンプの出力が下がり夜間プランクトンなどの微生物が水槽内で浮上し活動できます。

日時設定から月齢をシミュレートするため、日ごとに自動的に少しづつ変わっていきます。

Storm for desedimentation (storm cycle)

 数時間、もしくは数日に一度、普段の出力より強い水流を引き起こすことによって、タンク内の沈殿物を巻き上げる機能です。頻度を設定することによって、それが自動的に行われるようにプログラムできます。 接続されたポンプは、沈殿物を巻き上げるために、効率的で正確なリズムで制御されます

 

 

設定画面。

シンプルで使いやすいです。

 

 

7092.34の分岐ケーブルと組み合わせることで、最大8個のストリームポンプを動作させることが可能です。

発売までもう少しお待ちください。

それでは皆様、明日もすばらしいアクアライフを

 

 

 

 

 

 

| TUNZE | 22:56 | - | - | - | - |