Twitter
■CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
■MOBILE
qrcode
■LINKS
■PROFILE
■OTHERS

LSS Laboratory blog

日々の話(仕事の話が多めなとりあえず岡部個人のブログ)
<< コーラルフリークス最新刊 vol22 | main | TUNZE シリコンバッファー入荷いたしました >>
ELOS Test-kit NO3/KH

月末ですがカミハタ敏腕営業マンの大橋さんに負けて・・・・・

大量のエーハイムポンプ。

over200台 たまに大量に購入しないと卸問屋として見ていただけなくなっちゃうので。。。。

ということでショップ様 注文ください---。

 

さて、本日の本題はELOSの新商品 ウルトラ低栄養塩NO3テスター

 

驚きの

0/0.15/0.25/0.35/0.5/0.75/1.0/

0/0.6/1.0/1.5/2.0/3.0/4.0

こんなレンジ海外の人は測定するのだろうか????!!!

上下に比色カラーがあるのは両目で2本の比色をするためのものです。
片方は水槽水だけ、片方は試薬を入れます。

ウルトラ低栄養塩NO3テスターはすぐには発売しません。
今回輸入した分は社内実験分だけ。下記の項目のテストを実施予定です。

1. 0.15-1.00 0.6-4.0の値の測定試薬が必要なのかという疑問
2. 精度
3. 温度差の激しい日本の気候で常温保管での誤差の発生率
4. 気密住宅による40度以上の温度での品質テスト

などを確認してから販売を考えています。
その為、発売しない可能性もございます。

ELOSは他のメーカーと異なり品質保持のためのケミカルにもこだわっています。そのため品質の劣化などが他のものに比べて早い製品があります。
お客様にも僕らにも劣化の早い製品はメリットがありませんので取り扱いを考える予定です。
(日本の気密住宅は海外も想像していないほどの高温になるからです。)

ということで、数か月後に発売するかが決まます。

 

 

現在のELOSの試薬ラインナップです。下記写真クリックでページにアクセスできます。

硝酸塩とアンモニアは日本のも発売を一時中止いたします。

理由なども後日説明いたします。

 

 

 

その中でおすすめなのがこちらのKH

 

 

0.5dkh単位で測れます。

1.0dkhの製品と異なり精度を求めるお客様におすすめです。
例えば8.6dkhの飼育水の場合1.0dkh単位の試薬だと8dkhと出るか9dkhと出るかわかりませんが、ELOSの場合は8.5dkh(17滴目で色が変わります。)
8.7dkhの場合は微妙ですが8dkhと出ることはありませんのでリアクターの調節時やドージングポンプで管理されている方にお勧めできます。

 

PHの安定に影響するKH

珊瑚の骨格形成にも大変重要な成分ですので測定しておきたい水質です。

 

 

 

それでは皆様、明日もすばらしいアクアライフを

 

 

| ELOS | 23:59 | - | - | - | - |