Twitter
■CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
■MOBILE
qrcode
■LINKS
■PROFILE
■OTHERS

LSS Laboratory blog

日々の話(仕事の話が多めなとりあえず岡部個人のブログ)
MACNA2016-1 OPEN & Real Reef new item

いつものOPEN待ち。

お祭り野郎が少ないせいかみんな静かにOPENを待ちます(サンディエゴで陽気な人が多いかと思っていましたが)

IMG_7288.JPG

 

写真ブレブレですが会場。

前回のワシントンほとではないですが日本では考えられない規模でございます。

 

メインスポンサーは今年もトリトン。

当たり前ですが入口はトリトンブースです。

IMG_7290.JPG

 

 

第一弾は

もうすぐライブロックが到着(ブランチをオーダーしていたですが国際輸送だと折れてしまい商品の階利用をしてくれたためです。
最低6カ月海水培養するため新しい仕様品はどんなに頑張っても6カ月後となります。。。。)するREAL REEFの新商品。
フラグ用のロックです。

IMG_7379.JPG

 

適度な凸凹がライブロックの隙間に収まり自然に見えるというもの。

IMG_7380.JPG

 

こちらも写真ボケてるな。。。。

ごめんなさい。。。取り直してきます。

形もいろいろでバケツに入っています。

IMG_7381.JPG

 

frankさんからTシャツいただきましたのでユーザープレゼントにいたします。

IMG_7378.JPG

 

 

FaceBook-Link

 

こつらは岡部個人 こちらの方がマクナ情報早いです。(LSSと合わせてぜひフォローを)

こちらはLSS 主にブログのリンクをアップ たまにこちらだけの用品情報もアップしています。

こちらは seachem japan

こちらはELOS Japan

こちらは レットビー

 

 

それでは皆様、明日もすばらしいアクアライフを

| REAL REEF | 23:59 | - | - | - | - |
DC-X アップグレードポンプセット
久しぶりのオクトバス情報です。
DC-Xスキマーのアップグレードキットが入荷しました。
対象になるのは現行のDC-X2のひとつ前の機種 DC-X 1000.1500.2000です。
1000用は今回入荷していませんが次回便で入荷いたします。

このキットをご購入いただくことで、DC-X2と同様の仕様となります。
とくに故障等でなければアップグレードしたことで革新的な違いがあるわけではありませんが、モーターブロックの寿命などでポンプ部分を買い換えるお客様がいらっしゃいましたら価格は高いですがご検討ください。
今まで以上の空気引き込み効果でより多くの泡を発生させる事ができます。
こちらのポンプはコイルの巻き作業、レジンの流し込みなどすべてオクトパス社内で作業され作られています。

商品の新・旧の見極め方はポンプの色で確認してください。
本体の色が黒色は旧タイプとなります。
赤・白のポンプボディ色モデルは新型のポンプが付いているお考えください。
一部のお客様向けの製品のためショップ様に案内はしておりません。
ご希望のお客様は販売店にお問い合わせください。
価格が高いのは、アクリルのモーターを固定するユニットハウジングなどもすべてセットになっているためです。
ご了承ください。

<
商品名 小売価格 備考
DC-X 1000  アップグレードキット 近日 ・コントローラー・ACアダプター・ポンプ・ポンプハウジング付属
DC-X 1500  アップグレードキット  39800+税 
DC-X 2000  アップグレードキット  44800+税 

ご購入にはシリアル番号が必要です。
シリアル番号は保証書に記載されています。ない場合はコントローラー裏面のシリアルでも確認できます。
対象1スキマーに1回のみのご提供となります。在庫がない場合は入荷に時間がかかりますのでご了承ください。




本日、倉庫を掃除していると昔の商品がいろいろ出てきました。
決算でもあるので近日Lss Storeにて販売予定です。
わぁぁーーー超懐かしいNanoScope



それでは皆様、明日もすばらしいアクアライフを〜


 
| REAL REEF | 23:59 | - | - | - | - |
REAL REEF ライブロックシリーズ いよいよ日本に。(LSS TV)

今回MACNAの成果の一つはREAL REEFとの契約です。
3年前のMACNAから交渉を進め、何度かサンプル輸入していましたが在庫するまでには至っていませんでした。




今回の展示会で先方が日本のライブロック事情・為替などを理解してくれて値段調整してくれました。
といっても、世界的に見てライブロックの安い日本の価格と競争力はありませんがコンセプトや品質を理解していただける方に発信していければと思います。




特徴はアラゴナイトやカルサイトなどバハマのバージンマテリアルで作られたロックであること。
多孔質であり、鮮やかな赤紫カラー、本物から型を取ったのでリアルシェイプ、純粋バクテリア培養で余計な病原菌や藻類などの持ち込みがない等のメリットがあります。




アメリカでとてもポピュラーな製品で、Macnaなどの展示会で下記のメーカーがREAL REEFの製品を評価して使用しています。
(下記はREAL REEFのホームページ記載で2015年度ではないと思いますが、今回の展示会でもほとんどのメーカーが使用していました。http://realreefrock.com/real-reef-supporters)
  • Ecotech
  • Neptune Systems
  • Ecoxotic
  • Current USA
  • Red Sea
  • Seachem
  • Hagen
  • Kessil
  • Aqua Illumination
  • Sicce
  • Aqua Tech
  • Piscene Energetics
  • ZooMed
  • ATM Acrylic Tank Manufacturers
  • AGE Acrylic & Glass Exhibits
  • Tropic Marin
  • New Era
  • Reef Brite
  • Reef Savy
  • CPR Aquatics
  • TAAM
  • Living Color Aquariums
  • Build my LED
  • Eheim
  • Hydor
  • Innovative Marine
  • JBJ USA
  • Phyto 2
  • CAD Lights

近日ホームページ制作するので、簡単ですが動画で製品紹介してもらいました。
英語のままですがお時間あればどうぞ。


それでは皆様、明日もすばらしいアクアライフを
 
| REAL REEF | 23:59 | - | - | - | - |