WaveReef 入門機に最適なDCスキマー

0

    WaveReef より入門機に最適なDCスキマーをリリースいたします。

    これから海水飼育をスタートする方にリーズナブルな価格帯のスキマーです。
    他のDCスキマーとの違いDCポンプですがコントローラーがありません。
    これは入門者さんが日々悩んでしまうスキマー内の水位や泡の量とのはランスや、故障時の紛らわしい
    確認作業(コントローラ―? モーターヘッド? ACアダプター の特定時間の短縮)も最低限で済みます。

     

    発売は3機種
    一番小さいサイズは写真まだとれていなかったので、EcoSkimmer400から

    can0033.JPG

    can0034.JPG

     

    こちらがEcoSkimemr600

    can0043.JPG

     

     

    can0044.JPG

     

     

    ポンプはこちら

    can0051.JPG

     

    アウトレットの構造もシンプルなケート式です。

    can0035.JPG

     

    can0036.JPG

     

    ボディはネジを少し緩めて廻せば外せますので、全部とる必要はありません。

    can0039.JPG

     

    can0042.JPG

     

     

    こちらの製品はショップさんの店頭のみ販売となるので、webで探してもないかもしれません。

    シッョプ様にお問い合わせしてみたください。
    それでは皆様、本日もすばらしいアクアライフを

     

     

     



    ECO Skimmerを緊急発売

    0

      店舗販売限定のECO Skimmerを発売いたします。

      (ショップさんにお問い合わせいただき通販購入は可能です。)

       

      これから海水魚飼育を始められる方向けに低価格でありなが使いやすいスキマーです。
      DCポンプですが、設定などをするコントローラーを取り除きました。
      これによりDCポンプのデメリットである故障した時の交換パーツ点数や、故障個所の特定作業が1つ減らすことができます。
      DCポンプの静穏はそのままです。

      発売する機種は3種類

      ECO SKimmer 200
      ECO SKimmer 400

      ECO SKimmer 600

      対応水槽サイズは現実的な数値でこちらです。
      価格はショップ様にてご確認ください。
      上記記載の設置スペースは、すべてのこちらの写真の向きで計測した場合になります。
      W×D×Hの順です。
      can0033.JPG
      商品別にご案内させていただきます。基本的な構造は同じです。
      EcoSkimemr600

      can0043.JPG

      can0044.JPG

      can0045.JPG

       

      ECOスキマー400

      こちらが一番人気になりそうですね。
      can0033.JPG
      can0034.JPG
      can0036.JPG
      ボディの着脱はこんな感じです。
      ネジはすべて外さなくてOK.少し緩めて本体を廻してください。
      can0039.JPG
      ボディを外して青のネジも外せばポンプが取り出せます。
      can0041.JPG
      空気取り込み口
      can0042.JPG
      スキマーできれいになった水はこちら丸穴から。
      can0035.JPG

       

      ECOスキマー200の写真は4/30にこちらに再UPいたします。

      交換のポンプやインペラもお安いので、これから始めるお客様に最適です。

      お店様と交渉してお安くしていただいてください(笑)
      明日はRadion G5について

      れでは皆様、明日もすばらしいアクアライフを〜

       

       



      Dose pro & Dose4 で簡単自動添加

      0

        お客様からご連絡をいただきDoseProがページ落ちしておりました。

        近日再アップしますがDoseProのリンクはこちらになります。
        DosePro
        3連タイプのドージングポンプ
        最大2台の追加ユニットを増設可能(11点の添加剤をコントロール)

        本体サイズ 約W23cm D15.5cm H7.5cm

        メーカー小売希望価格¥26000+税

        DosePro

        本体サイズ 約W23cm D15.5cm H7.5cm

        メーカー小売希望価格¥26000+税

         

        1.DosePro-LSDP3.JPG

         

        こちらが最大2台増設できる4ユニットの増設モデルLSDP4になります。

        メーカー小売希望価格¥25000+税

        2.DosePro-LSDP4.JPG

         

        専用のラックに1台設置したイメージです。

        Dose4-2のラックと似ていますが、こちらの方が本体のサイズが大きい為、ラックも大きくなっています。

        ラックサイズ  約W26cm D18cm H34cm
        メーカー小売希望価格¥6000+税

        9.DosePro-LSDP3+ラック.JPG

         

        専用のラックに2台設置したイメージです。

        10.DosePro-LSDP3+4+ラック.JPG

         

        専用のラックに3台設置したイメージです。

        3台連結し下部に添加剤をフルで設置した場合は相当重くなります。

        その場合はキャビネットなどの壁には打ち付けず、直置きを基本としてください。

        11.DosePro-LSDP3+4+4+ラック.JPG

         

        添加間隔は1.2.3.4.6.12.24時間

        上記にプラス曜日のキャンセル機能がついています。1-7番が曜日となっていますのでキャンセルしたい曜日を設定します。

        1回当たりの99mlが最大の添加量となっています。1cc単位ですので一日1cc添加する添加剤は添加間隔は24時間となります。

        少量しか使用しない添加剤を細かく添加したい場合は超純粋(RO+DI)などで希釈した物で使用できると思います。

         

         

        たとえばGrotech ABCでサンゴ水槽のカラープグラム

        A_000671.JPG

         

        Grotec1.2.3を使用した、液体版カルシウムリアクター

        7. カルシウムリアクター代替システム .JPG

         

        増設ユニットを追加してGrotech A.B.C.M+1.2.3のリーフコンプリートシステム

        500mlのgrotechと1Lのホドルも十分設置できラック内に収まります。

        8.Grotechを使用したリーフシステム.JPG

         

        シーケムの250mlと500mlを置いてみました。

        250ml*8 500*4が収まります。

        少しタイトになりますがシーケムのボトルだと250ml*10 500*4が少しずれますが置くこともできます。

        (Iodine ヨウ素は原則シリコンチューブも痛める為推奨しません。)

        3. 3連仕様.JPG

         

        上記写真と同じ添加剤で本体2つ設置したイメージです。

        4. 7連仕様.JPG

         

        本体を3台設置したイメージ

        5.11連仕様.JPG

         

        KZの添加剤を設置したイメージ。

        本体が3連なので1.2.3.4を添加する場合は増設ユニットを購入していただくか、水槽の様子を見て添加量の調整をする事があるNo.3のアミノ酸を外して手動に。Kzの場合はDose4兇諒がいいですね。

         

         

        さらに機能を限定して簡単設置のDose4-2はこちらよりご確認ください。

         

         

        設定は難しくないので添加剤の自動化にぜひチャレンジしてみてください。

         

         

        それでは皆様、本日もすばらしいアクアライフを〜

         



        WaveReefへ

        0

          15日の過去ブログ

          深圳の朝。
          いつもの重い感じの空

          25396286_1970053816388201_6269433789241876230_n.jpg

           

          クリスマスギフト(目薬ですが、、)持ってオクトパスへ。

          25157920_1970053883054861_5208697446493292892_n.jpg


          打ち合わせはないので事前連絡していません。
          ホテルから2kmくらいなのでレンタルサイクルでサプライズ訪問。

          25348469_1970053866388196_9079542130460296174_n.jpg

           

          その後、Wave Reef に。
          LssはDCスキマーばかりなのでACポンプをリリースしようとボディデザインに約半年かけて作ってきました。
          ポンプはPSEの許可に一年かかりましたが、今月許可となりそうです。

           

          25299354_1970305686363014_8570290012630434566_n.jpg

           

          もう発売でしょ〜と、beachに言われたのですが、これといってスキマーのポイントもなく、、、
          半年いろいろ考えた割に普通。
          もっと特徴出したい。
          床に座ったり寝転んでみたり2時間。

          25289533_1970305683029681_3312607523994550177_n.jpg

           

          僕に呆れて疲れたbeachも座り込み一緒に考えてます。

          40人ほどのスタッフは何が起きてるかわからない感じ。それも楽しい。
          座ったり、寝転んだりすると違うアイデアでたりするんですけどね。

          25299191_1970305673029682_5674874046656271063_n.jpg

           

          明日は大移動。。。
          嫌な予感がして昼間に明日のチケット買いにいったのですが席がなく7:40発。。。

          地方からの登りはたまにこんな事になります。
          早起きしないと。。

          中国では新幹線の切符買う全ての人は身分証提示が必要で切符に名前も入ります。

           

           

          それでは皆様、本日もすばらしいアクアライフを

           

           

           



          2018発売の注目商品"WaveReef Stepper dosing-pump"

          0

            今日はWaveReefに行ってきました。

            こちらが半年以上完成が遅れているStepper motorを使用した高性能なドージングポンプです。

            まだ、最終版ではないのでラベルシールは仮ですが90%程度完成しました。

             

            3つの運転モード

            ・連続運転 (Stepper motorを使用しているでノンストップ運転が可能。カルシウムリアクターにも使用できます)

              また、通常の1h/2h/3h/4h/6h/8h/12h/24h/2day/3day-7dayで添加量を決めることも可能です。

            ・6-10V入力運転(apexなどから信号を受けて動作します)PH/KH/CAなど他の機器で測定した数値をもとに添加するなんてことも可能になます。

            ・optical(光センサー)/floatなどと接続し、添加剤のコンテナなどが空になったことをキャッチしてブザーとランプでお知らせ

            IMG_9629.jpg

             

            ヘッドがデカイですね!!  やってくれそうな気がしますねー!!

            IMG_9630.jpg

             

            カバーはくるっと回すだけで外れます。

            IMG_9627.jpg

             

            背面の緑がapex等からの信号用送信コネクター

            左側がopticalセンサーなどの接続コネクターです。

            IMG_9631.jpg

             

            チューブの交換目安は5000h

            最大流量 2ml/秒

            最小流量 0.1ml/秒

             

            発売が楽しみです!!

             

            それでは皆様、明日もすばらしいアクアライフを

             

             



            DoseProで添加剤の自動化

            0

              お客様より在庫確認のご連絡をいただくことの多い商品にドージングポンプがあります。

              現在、主力のGroTechはじめDosePro/Dose4も在庫がございます。

               

              今回は特に人気のDoseProの説明をさせていただきたいと思います。

               

              DosePro
              3連タイプのドージングポンプ
              最大2台の追加ユニットを増設可能(11点の添加剤をコントロール)

              本体サイズ 約W23cm D15.5cm H7.5cm

              メーカー小売希望価格¥26000+税

               

              1.DosePro-LSDP3.JPG

               

              増設ユニット(4連式)LSDP4になります。

              メーカー小売希望価格¥25000+税

              2.DosePro-LSDP4.JPG

               

              専用のラックにDoseProを1台設置したイメージです。

              Dose4兇茲蠑しラックが大きくなっています。

              ラックサイズ  約W26cm D18cm H34cm
              メーカー小売希望価格¥6000+税

              9.DosePro-LSDP3+ラック.JPG

               

              専用のラックに2台設置したイメージです。

              10.DosePro-LSDP3+4+ラック.JPG

               

              専用のラックに3台設置したイメージです。

              3台連結し下部に添加剤をフルで設置した場合は相当重くなります。

              その場合はキャビネットなどの壁には打ち付けず、直置きを基本としてください。

              11.DosePro-LSDP3+4+4+ラック.JPG

               

              添加間隔は1.2.3.4.6.12.24時間

              上記にプラス曜日のキャンセル機能がついています。1-7番が曜日となっていますのでキャンセルしたい曜日を設定します。

              1回当たりの99mlが最大の添加量となっています。1cc単位ですので一日1cc添加する添加剤は添加間隔は24時間となります。

              少量しか使用しない添加剤を細かく添加したい場合は超純粋(RO+DI)などで希釈した物で使用できると思います。

               

               

              たとえばGrotech ABCでサンゴ水槽のカラープグラム

              A_000671.JPG

               

              Grotec1.2.3を使用した、液体版カルシウムリアクター

              7. カルシウムリアクター代替システム .JPG

               

              増設ユニットを追加してGrotech A.B.C.M+1.2.3のリーフコンプリートシステム

              500mlのgrotechと1Lのホドルも十分設置できラック内に収まります。

              8.Grotechを使用したリーフシステム.JPG

               

               

              設定は難しくないので添加剤の自動化にぜひチャレンジしてみてください。

               

               

               

               

               

               

               

              それでは皆様、明日もすばらしいアクアライフを



              Dose4 II 入荷いたします。

              0

                長期欠品していDose4 IIが月末に入荷いたします。

                PRO後継機の3連タイプとほぼ同価格なので4連のこちらのモデルがお得感がありますね。

                 

                詳細ページは下記写真クリックかこちらよりアクセスできます。

                 

                 

                 

                交換パーツや関連パーツも充実しています。

                後継機のPROタイプと互換性が高いので安心してご購入ください。

                 

                それでは皆様、明日もすばらしいアクアライフを

                 

                 

                 



                フィルターサンプはまだ先に。。。

                0

                  お問い合わせの多いフィルターサンプですがもう少しかかりそうです。

                  何度も製作依頼しウールボックスやウエットろ材のスペースも作れるようになりました。
                  プログラムすれば勝手にカットしてくれますが、これだけカット入れると切り出しにも時間かかります。。。

                   

                   

                  あともう少し(半年?!)でナチュラルシステムだけでなく、ウェット&スキマーなどのフィルターも定番化したものをご提供できそうです。

                   

                  それでは皆様、本日もすばらしいアクアライフを

                   



                  今後の製品開発

                  0

                    まだまだ先の製品ですが。。。。

                    この新しい3つのポートは何でしょう?!

                     

                    ヒントは・・・・・

                    くるくる廻ります。(アクリルが傷つかないようにシリコンジャケット付けてテストしたら傷もつかずいい感じ。) 

                     

                    答えは。。。。

                    これです!!     クルクル回転するスターラドージングコンテナ
                    添加前だけにまわるようにプロクラムしてあります。
                    コンテナは1.5Lもあり海外サイズ。。。 500mlで作れないか小型モーターを探してもらってます。
                    小さいモーター以外にないんですよね。

                     

                    本体にはwifiを組込みappで操作できるように。

                    発売はまだまだまだまだまだ、先ですが楽しみな製品です。

                     

                     

                    それでは皆様、明日もすばらしいアクアライフを

                     



                    wave reefへ

                    0

                      今回 wave reefとの打ち合わせで日本マーケットにとってうれしいニュースがありました。

                       

                      一番はこちらのポンプです。

                      色はあまり好きではありませんがwavereef独自開発のACポンプです。
                      スキマー業界で生き残るにはポンプを自社で製造して組み込むしか価格帯を抑える方法はありません。
                      数年前から着手して完成し、既に海外ではリリースされていますが日本のPSEの法律をクリアーするにはお金と時間がかかります。
                      現在2度の小変更をしもう少しでPSEが取れることになるかと思います。

                       

                      価格他を抑えているはずなのに・・・ ネオジウムインペラ・・・・

                      小型で出力を高めるにはこの方法がいいのかなぁ。

                      電気効率とのバランスなどの資料はまだ見せてもらっていませんが、とても楽しみな製品です。

                       

                      そして、日本ではACポンプを組み込んでから発売を予定しているリアクター。

                      以前提案した蓋の部分の2重パッキンもできていました。

                      仕事が早い。
                      PSEまだなので早くても年末リリース?!   最近は海外の有名なメーカーさん数社のOEM製造をしているのて技術が向上しています。
                      どの工場そうですが、中国の資材の高騰はかなりひどいです。
                      材料は無駄なく使用してコストを抑えています。
                      また、このような使用済みの剤利用も廃棄ではなくこれを引き取り販売する会社もいるそうでコストに対しての意識もかなり高いです。
                      夜ご飯はいつもの大鍋料理をいただきました。

                      それでは皆様、明日もすばらしいアクアライフを

                       

                       



                      calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      27282930   
                      << September 2020 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      JUGEMのブログカスタマイズ講座