Twitter
■CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
■MOBILE
qrcode
■LINKS
■PROFILE
■OTHERS

LSS Laboratory blog

日々の話(仕事の話が多めなとりあえず岡部個人のブログ)
OCTO VarioSポンプ10/16より出荷開始

一部のショップでは先行して販売してきましたが、いよいよ正式にこちらのポンプも発売いたします。

OCTO VarioSです。

 

お馴染みの自動インペラ洗浄構造・内部冷却構造など少しでもポンプの寿命を長くさせるためのOCTOの長年のノウハウが詰め込まれた商品です。

また、スペックのわりにコンパクトなのはとてもうれしいですね。

 

FAX2017.jpg

 

 

コントローラーにつきましてはスキマー同様で最新型付属。

スキマーと並べて設置してもかっこいいですね。

 

FAXw2017.jpg

 

他社にない付属品がこのポンプには1点付属しています。

それはフロートセンサーです。

このセンサーはポンプの空運転(水なし運転)を防止します。

センサーの故障が心配なお客様はセットしなくてもOKです。

とてもいい機能だと思います。

 

下記寸法です。
近日ホームページに正式なものはUPいたします。

variosサイズ.png

 

スペックと価格になります。

VarioS4は日本では当初取扱う予定がございませんので3機種でスタートいたします。
標準付属品で塩ビが直接接続できます。また、アウト側にはホースアダプターもありますのでホース配管も可能です。
別途日本径各種で配管できる部品も製作いたしました。

無題.jpg

 

現行販売されているDCポンプの中では非常に安心してご使用いただける製品の一つだと思います。

それでは皆様、本日もすばらしいアクアライフを〜
| ReefOctopus | 09:42 | - | - | - | - |
Bio React150 近日発売

 

OCTOよりBio React150バイオペレットリアクターが新発売になります。

こちらのリアクターはかなり大型のため、ペレット容量が500cc程度を最低でも使われる方向けのリアクターです。

最大で1700-2000ccのメディアを循環させることができます。

 

 

 

 

OCTOのメディアもリリースされます。

 

 

 

 

シッョプ様へのご案内は来週の予定です。

Webには各ペレットの適正量なども更新予定です。(現在、それ以外の内容をUPています)

 

それでは皆様、明日もすばらしいアクアライフを〜

 

| ReefOctopus | 23:59 | - | - | - | - |
OCTO DCポンプ VarioS近日発売

VarioS用の塩ビ接続用アダプターが届きました。

日本と海外の塩ビ規格が異なるため仕方ないですね。

 

手前がVarioS 2用 VP13.16.20
奥がVarioS6.8用 VP16.20.25

 

Varios2のIN側にVP16のソケットをつけたイメージ

 

VarioSポンプはACポンプの開発から10年近く、VarioSと名前が変更されたのは最近ですが、同機は既に5年近く市場で販売されているポンプになります。

以前からご紹介しているように、多くのポンプは再生マテリアルを使っています(見た目にはわからず安いから)。Octoはピュアな原材料を多く採用(製品の能力にはあまり影響がないですが、外装的な耐久性と高品質なポンプなので材料も品質の高いものを使用したいといOctoの気持ちとこだわり)のポンプです。

下記写真のインペラ部分の材料は勉強不足でわかりませんが、ボディは旭化成の材料を使用(以前原材料の写真をアップしましたがどこにあるか見つけられず。。)しています。

触ったことのあるショップ様は感じたかもしれませんが、他のポンプと触った感触や重量感も違う気がします。

 

大きなインペラ収納スペースの穴の上には小さな穴があります。

こちらから少量の飼育水が引き込まれ内部の冷却を行い、奥の穴から手前に向かって水が戻る仕組みです。

戻ってきた水はインペラとポンプ内部壁をクリーニングしながら循環水と合流する仕組みです。

少しでもポンプ内部の温度を下げ、寿命と磁力をキープするアイディアです。

 

今回製作したアダプターです。

DCポンプで注意していただきたいことは写真で見ていただければお分かりの通りオリジナルの出口は32mm、日本の90cm以下の水槽に多く使われている配管はVP13-16です(下記の写真はVP13)

こんなにも径が異なります。この径の違いは最大流量低下だけでなくポンプにも負担となります。

大きいパワーのポンプを買ったのに思ったほど強くなかった・・・という多くは配管径が問題だったりします。

既に配管ができてしまっているから変更しようがな無いというお客様が多いとは思いますが、まだ水槽の設計段階であれば少なくとも排水(水槽への戻り)はVP16(又はVP16*2連)を使用。90cm水槽以上ではVP16*2又はVP20くらいを使うことが水質的にもポンプ的にもよいかと思います。

そんな事言っても、出口はVP13*1という方は、DCポンプに少しでも負担をかけないようにコントローラーでの流量調整をしてください。(コントローラーは最大パワーで途中のバルブで流量調整はポンプに負担をかけます)

また、できるだけ配管は水槽の近くまで太い径で配管する事もポンプの負担と流量確保の部分で重要だと思います。

 

こちらはVP16

こちらはVP20

 

例えばゼンスイさんのクーラーならZC500からはVP16の塩ビを直接挿すことができます。

水槽の戻しがVP13(ホース径15mm)でもポンプからVP13や15mmで配管せずにクーラーのIN側までVP16または15mmで配管してクーラーのOUT(出口)で15mmのホース配管にすることが望ましいです。

ちにみにクーラーは循環流量が多いほど冷える効率が高くなります(クーラーメーカーの規定循環水量は守ってください。水圧が高すぎると水漏れの可能性があります)

 

 

 

発売予定モデルのスペック(Octo発表値)です。

VarioS 2   消費電力 25W   揚程4.0m  水量3000L/H

VarioS 6   消費電力 70W   揚程4.9m  水量6500L/H
VarioS 8   消費電力 98W   揚程5.7m  水量10000L/H
少し大き目のポンプを購入し、パワー下げて使うのがポンプにも負担が少なく、故障を回避できる方法の一つかと思います。
""DCポンプは壊れやすい""のはマグネットやACポンプと比べたら事実です。
まだ、発展途上の製品だと思います。
しかし、静穏性やON/OFF、流量調整機能はとても便利です。
DCポンプの故障リスクを避けるためには、設置環境(配管等)がとても大事だと思います。
万一に備えるのは特にマリンアクアの場合は重要だと思います。
ポンプの予備を持つことは経済的にも負担ですが、壊れた時に水槽と濾過の循環が確保できる安いACポンプとホースがあれば何とかなる事も多いです。
また、大型水槽ではメインポンプの2台使用やAPEXなどの機器での管理もリスク回避の方法です。
ポンプの営業ブログですがマイナス面をお伝えするという内容になってしまいました。。(笑)
壊れない機器を提供する事が大切なのですが、アクア用品は壊れます。
"突然壊れたら"を考えて配管や用品選び、リスク回避方法を考えることはユーザーさんにとって大切です。
お金がかかることはショップさんもお客様に言いにくい部分ではありますが、お客様側から相談することでいろいろ提案してくれるショップさんも多いと思います。
また、一番大切なのは私たちメーカーが壊れにくい、壊れない用品をご提供することだと思います。
久しぶりに長くなってしまいましたがOCTOポンプいいですよー。
一部店舗さんではVarioSは1年近くの前から提供していますし、同ポンプの色/コントローラーだけ違う赤ホディだったモデルは3年以上前からリリースしていました。
故障の少ないDCポンプの一つとしてぜひVarioSを候補に入れてください。
来週末より発売できるように進めています。
それでは皆様、本日もすばらしいアクアライフを〜
| ReefOctopus | 23:59 | - | - | - | - |
OCTO INTスキマー新発売

OCTOスキマーシリーズに INT(内部式でポンプはスキマーの側面)タイプが発売になりました。

 

INTモデルはS(スペースセーブ)モデルに比べどうしてもポンプの分寸法が増えてしまいますがメンテナンスが容易に行えるメリットがあります。

特に90cm水槽以上ではINTモデルを選択してもバイオペレットリアクターなどのスペースは確保できると思いますので選択候補にしていたければと思います。

 

 

水位変化に強いRegal-INTモデル

ゲートバルブ付きで細かい水位調整も可能

r_protain_int_kv.jpg

 

 

見た目すっきりボトルシェイプボディのElite-INT

サイレンサー一体型で赤いパイプで排水口の開閉を行えます。

e_protain_int_kv.jpg

 

 

下記写真クリックで寸法などご確認いただけます。

 

dfs.jpg

 

 

ショップ様には昨夜メール/FAXしております。

届いていないシッョプ様は担当スタッフまでご連絡ください。

それでは皆様、本日もすばらしいアクアライフを〜
| ReefOctopus | 03:20 | - | - | - | - |
Ultimate Quality〜 今月発売の2つのスキマー

故障率の低いDCポンプ(VarioS)を搭載したOCTOスキマーに新しく2つのモデルが追加されます。

追加される2モデルはいずれも現行で発売されているシリーズのポンプがスキマー内部ではなく外側に配置されたモデルです。

OCTOではINTモデルと呼んでいます。

 

INTタイプはSSSタイプ(現行モデル)と比較して設置スペースが大きく必要になる欠点がございますが、ポンプのメンテナンスがSSSモデルに比べると向上します。
ネジを外して・・・・面倒だなぁ。次回にしようとなりがちなポンプのメンテナンス。
サンプにスペースがあるお客様であればINTタイプを選択するのもよろしいかと思います。

 

 

OCTO Elite スキマー INT

ボトルボディのエリート。リーガルモデルより少しですが処理効率が高まったOCTO最高峰スキマーになります。
elite.jpg
白赤のコントラストがサンプに映えるリーガル。大型ゲートバルブとシャープなボディは水深の変化にも強い。
サンプスペースがあるお客様に人気がでそうなRegal-INTモデル

OCTO Regal スキマー INT

regal.jpg

 

 

明日コンテナが出荷されますので、7月中旬には発売になります。

HPの更新まで詳細はもう少しお待ちください。

それでは皆様、明日もすばらしいアクアライフを

 

| ReefOctopus | 17:26 | - | - | - | - |
AInetさんへOCTO大型スキマー発送

久しぶりに大型スキマーが入荷。

OCTO SRO8000EXT.

Ainetさんからのご注文で、神奈川県の水族館さんへ。

 

3.jpg

 

OCTOでは、ほかにもー50tクラスまで対応できるスキマーや

 

バイオペレットリアクター

 

カルシウムリアクター

 

など、水族館向けの大型設備などもラインナップしています。

スキマーなどは水族館だけでなく、大型活魚水槽などにも使用できます。

ちなみにバイオペレットリアクターは30Lくらい入ったりします(笑笑)

 

それでは皆様、本日もすばらしいアクアライフを

 

 

 

 

 

| ReefOctopus | 23:59 | - | - | - | - |
OCTO Elite Protein Skimmer  アップしました。

 

OctoSkimmerシリーズ エリートの寸法などアップできていなかったので簡単ではありますがUPいたしました。

エリートモデルはネック部部まで継ぎ目なしのボトルコーンからできています。

くびれによりゴミが集まりやすくなっているのが特徴です。

 

旧reefoctopusのDC-Xと異なる点はポンプのコントローラーの変更、 Varios6S モデルは24Vから39V仕様になり無理なくハイパワーの運転を実現します。

 

下記写真クリックまたはこちらからアクセスできます。

 

 

 

 

 

 

 

ワンランク上のDCポンプならOctoVarioSですね。

旧reefoctopus次代から故障が少ないポンプです。
(本体の色が白・赤のポンプがoctopus製となり黒ホディのポンプはjebao-OEM製となりますので見分ける際の参考にしてください。)

 

 

 

 

 

お値段はオクトパス史上高額機となっております。

お店様と交渉してお安くお求めくださいませ。(笑)

 

 

それでは皆様、明日もすばらしいアクアライフを

| ReefOctopus | 23:59 | - | - | - | - |
OCTOカルシウムリアクター(再)

 

 

 

 

ご好評のDCポンプ付きカルシウムリアクター(内部・外部両用設置型)です。

従来品との違いは

・ポンプがDCに。

・上部蓋の開閉がOリング式になりスクリューを外す手間がなくなった

・従来より高品質なメインホディ
・余剰CO2の循環システム(リサイクルシステムで無駄なCO2無い)
まだホームページができていないので寸法など再度ブログで申し訳ないですがアップさせていただきます。
現在200/220の在庫が少な目になっています。
CalReact 140
CalReact 140.jpg
CalReact 200
CalReact 200.jpg
CalReact 220
CalReact 220.jpg
サイズ等はこちらになります。
商品名 最大       対応水量 ベルリン    最大対応水量 メディア      最大量 設置必要面積(mm) 高さ(mm)
CalReact 140 〜800L 〜350L 3.9L 310 230

580

CalReact 200 〜1800L 〜800L 7.9L 385 270

580

 

CalReact 220 〜2100L 〜1300L 9.3L 420 280

580

| ReefOctopus | 23:59 | - | - | - | - |
OCTO Elite Skimmer新発売

OCTOよりDC-Xの後継機Elite が発売になります。

あまり大きな仕様変更はありませんが、カラーは白のみとなり高品質なPCV素材と透明度の高いアクリルの組み合わせです。

特徴的なのはきれいなカーブのボトルシェイプコーンボディです。

ホームページがまだできていないので、3機種をこちらで紹介させていただきたいと思います。

 

 

モデル:Elite 150S

最大対応水量:800L

付属ポンプ:Varios2S
消費電力:約25W
設置必要面積:265*195*535mm(W/D/H)
ポンプ循環能力:900L/H
引き込み空気量:900L/H
メーカー希望小売価格¥102800+税

 

 

 

モデル:Elite 200S

最大対応水量:1500L

付属ポンプ:Varios4S
消費電力:約40W
設置必要面積:325*255*600(W/D/H)
ポンプ循環能力:1600L/H
引き込み空気量:1500L/H
メーカー希望小売価格¥129800+税

 

モデル:Elite 220S

最大対応水量:2000L

付属ポンプ:Varios6S
消費電力:約70W
設置必要面積:345*285*640(W/D/H)
ポンプ循環能力:2000L/H
引き込み空気量:2400L/H
メーカー希望小売価格¥148000+税

 

 

 

 

DCポンプは定評のVarios DC-X2などから採用しているオクトパス自社製品で、本日までに数件の故障しか発生していない信頼できるポンプです。

自動洗浄機能付きスキマーポンプ(中国特許取得済み)が付属しています。

ポンプインペラ後部に設けられた穴から吸引された飼育水がインペラの磁石部分を通過し冷却とヌメリを落として磁力の低下を軽減しベストパフォーマンスを維持します。

また、材料にもごたわり再生樹脂などを使用していない数少ない高性能なスキマーポンプです。
2年間の品質保証も品質の証(インペラ・ACアダプター除く)

 

 

 

新型コントローラーは多機能な拡張性を持つコントローラーです。
サンゴ等の給餌時に便利なフードモード(自動復帰)や、コンセントの抜き挿しをしなくてもポンプがOFFにできるON/OFFボタン。
フロートセンサーの連動やOCTO独自のコントロールシステム( 日本未発表) との連携用の拡張端子などを装備しています。取付に便利なコントローラー用フォルダも標準で付属いたします。

 

 

 

もう一つの特徴はオープンvolutスタイル。インペラカバーがなくインペラがむき出しになっているタイプです。

スキマーが設置された濾過槽の底から飼育水を吸い込むので濾過槽の水のよどみも減らすことができますね。

とてもパワフルなスキミングを実現できます。

 

 

カップはOリング式

 

以前はありませんでしたが、パイプの解放率も見ることができます。

スキマー上部にはフロートセンサーが取り付け可能(付属品)でカップ内にゴミがたまりすぎるとポンプをOFFすることも可能です。

このセンサーをポンプ近くに反対に設置することで濾過槽の飼育水が減ったらポンプを自動停止させることも可能です。

使わなくてもいいのかなぁと思ってます。

 

 

現在OctoとRefOctopusの切り替えを行っております。

廃盤特価+決算特価で旧品がお安くなっています。

アウトレットのすべての製品は普段ご利用いただいているショップ様で買えます。

一度チェックしてみていただき、最寄りのショップ様に注文いただけたればと思います。

LssWebストア

 

 

それでは皆様、本日もすばらしいアクアライフを

 

 

 

 

 

| ReefOctopus | 20:56 | - | - | - | - |
OCTO Elite Protein Skimmer

OCTOから今週Elite Protein Skimmersがリリースされます。

現在主流のボトルコーンタイプです。

LSSで発売しているDC-Xの後継機種となります。

大きな変更点はあまりありませんがオーバースキミング防止のフロートシステムとElite220は24Vから36Vになり全体的なパワーがアップしています。

 

 

透明度の高いアクリルと高品質な白PVCに赤パイプがアクセントになり高いデザイン性もEliteスキマーの特徴です。

 

価格等は今週のブログでご案内させていただきます。

 

新商品の発売とreefoctopusからOctoへの切り替え、決算等が重なり旧品在庫処分を計画しております。

商品はシッョプ様にもご案内いたしますが、数量の少ない製品は日々LssStoreに掲載させていただきます。

商品はショップ様を通じてご購入できますので、myショップがあるお客様はぜひショップ様よりご購入ください。

 

それでは皆様、本日もすばらしいアクアライフを

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| ReefOctopus | 01:31 | - | - | - | - |