Twitter
■CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
■MOBILE
qrcode
■LINKS
■PROFILE
■OTHERS

LSS Laboratory blog

日々の話(仕事の話が多めなとりあえず岡部個人のブログ)
オクトPulseポンプが明日から出荷開始

本日は定休日でサポートや出荷でショップ様にご迷惑をおかけいたしました。

 

明日からいよいよオクトPulseポンプが出荷になります。

店舗でご確認いただき、ぜひこの機会にご購入ください。

 

 

それでは皆様、本日もすばらしいアクアライフを

| ReefOctopus | 02:24 | - | - | - | - |
OCTO Waveポンプ シッョプレビュー

先週入荷したOCTOのウェーブポンプ2種は、今週後半に販売分が各シッョプ様に届くと思います。

 

どの店舗様もすでに多くの他社製ポンプが設置されているので、OCTPポンプは様子見の状態。。。。

そんな状況ですが、コーラルラボさんとアクアラヴァーズさんで店舗使用分のOCTOポンプレビューがアップされていました。

 

下記写真クリックでアクセスできます。

コーラルラボ

 

アクアラヴァーズ

 

 

 

スペックなどの詳細ページは下記写真クリック

月末までキャンペーンも行っていますのでお早めに。

 

 

それでは皆様、本日もすばらしいアクアライフを

 

| ReefOctopus | 01:07 | - | - | - | - |
OCTO Pulseポンプ 発売記念キャンペーン(7/31までの数量限定)

お待たせいたしました〜

OCTO Pulseポンプが現地を明日出荷いたします。

入荷予定は月末。発売は7/6を予定しております。

数量限定で最大7/31迄のご注文分を特価でご提供させていただきます。

 

シッョプ様には、本日昼から夕方までにご案内書をメール又はFAXさせていただきます。

ホームページは現在作成中なのでしばらくお待ちください。

 

キャンペーン特価のお値段はこのブログの最後に記載させていただきます。

 

 

無題.png

 

HPできていないので簡単にご説明させていただきます。

OCTO Pulseポンプは2機種あります。

仕様は下記のとおりです。

 

OCTO Pulseポンプの最大の特徴はマグネットを中心に排水口の方向を変更できます。

これはすごいですね。

ポンプの向きが固定のバーなしに変更できるのはいいですね。

 

他社とは少し異なる吹き出し口のデザイン

 

 

そして大変重要なコントローラーはスキマーなどに付属するコントローラーと同じデザインです。

これもポイント高いですね〜

並べるとかっこいいですね。

 

機種ごとのパワー設定時の推定される循環水量です。

 

 

機種ごとの商品寸法です。

マグネットもとても強力です。

 

OCTO Pulse 2

 

OCTO Pulse 4

 

 

 

気になるお値段ですが・・・・・

発売記念キャンペーンプライス!!

OCTO Pulse 2  ¥24000+税

OCTO Pulse 4  ¥30000+税
本日昼間に案内送付なのでお時間帯によって、わからないショップ様もいらっしゃいますので。。。
ぜひお得なキャンペーン中にお買い求めください。
それでは皆様、本日もすばらしいアクアライフを
| ReefOctopus | 07:10 | - | - | - | - |
Reefoctopus UP GradeKit "DC-X""DC-S"

USAよりAquaSawが届きました。

入荷が予定より遅くなってしまい、XLはまだお待ちいただいてるお客様がいる状態です。

来週もう一便入荷いたしますのでもうしばらくお待ちください。

現在の在庫はスタンダードタイプが2台   XLタイプが0台です。

コーラルモンスターさんは2台目のご購入です〜

 

そして、お待たせいたしました。

ReefoctopusのDC-XやDC-Sをご愛用頂いているお客様向けに現行品のOCTO PUMPにアップグレードできるキットがやっと入荷いたしました。モデル別に用意があり、月内中にはリリース予定です。

現行のVarioSへアップグレードになりますので、とても楽しみですね。

 

DC-X

70726f647563742f32303137303231365f3833323736632e6a7067003235300000660066.jpg

 

DC-S

70726f647563742f32303137303232355f6133336533632e6a7067003235300000660066.jpg

 

アップグレードキットに含まれるVarioSポンプ

r_protain_spec1.jpg

 

コントローラ―はもちろん最新のタイプに

 

r_protain_spec2.jpg

 

 

価格は来週後半までには決定してご提供したいと思います。

 

それでは皆様、本日もすばらしいアクアライフを

 

| ReefOctopus | 01:58 | - | - | - | - |
OCTO VarioS-4 近日発売開始

VarioSポンプは既に発売中ですが、来週の入荷でVarioS4が追加でラインナップされます。

VarioSポンプReefOctopus長年のノウハウが詰め込まれた高品質DCポンプです。

当社が想像していた以上に故障がなく驚くほどです。

 

海外ではVarioS4は他のモデルと同時に発売されましたが、VarioS2(3000L/H)とVarioS6(6000L/H)があればコントローラーで調整できるだろうと考え、あえてVarioS4(4000L/H)の発売はしませんでした。

しかし、最近になりVarioS2よりもう少し強いポンプがほしい。パワーを下げてゆとりを持たせて使いたいので3000〜5000L/Hくらいのポンプがないかとリクエストが多かったため、在庫負担は増えますがVarioS4を追加ラインナップすることにいたしました。

 

 

 

 

 

価格案内、入荷は来週を予定しています。

 

 

現時点では極めて故障がないDCポンプはOCTOのVarioSであることは販売者である私が知っています。

しかしながら、この先も故障がないわけではありません。

DCポンプは引き込みの径が太く、排水径も太いです。特に引き込みの給水を補足すればポンプのパワーが下がるだけでなく故障につながります。音が静か、電気代が安いと、ボタン一つでOFFできるいうメリットも故障してしまえばメリットではなくなってしまいます。

 

私たち輸入者や製造メーカーは壊れないポンプの製造と販売、アフターパーツのストックを、ショップ様はお客様に正しいポンプの選択と提案を、お客様は正しい設置環境での使用、定期的なメンテナンスなどを。

いずれも大切だと思います。

近日ポンプ選びについてもっと詳しく自分の考えを書きたいと思います。

 

 

OCTOのVarioSは現在発売されているDCポンプの中で信頼性も高く、お勧めできるDCポンプです。

ご検討してみてください。

最後にOCTOのDCポンプは付属でフロートセンサーがついています。使わなくても問題ないですが、濾過槽の水がなくなると停止してポンプを保護する機能もあります。

空焚きによる故障が実はとても高いポンプ。アクアで長くやってきたOctopus/OCTOの蓄積したノウハウです。

 

 

それでは皆様、明日もすばらしいアクアライフを

 

 

 

| ReefOctopus | 17:26 | - | - | - | - |
エリートスキマー価格改定

OCTOの最上位モデルのエリートスキマーのメーカー小売希望価格が最大20%OFFとなりました。

期間限定ではなく当面の期間固定の価格となります。

 

2種類のモデルと各3サイズの設定があります。

こちらはINTモデル
ポンプが外側にありメンテナンスが容易に行えます。
(フロートセンサーも標準で付属)

e_protain_int_200.jpg

 

こちらはSモデル
ポンプが内側にあり最小限のスペースで設置が可能です。
(フロートセンサーも標準で付属)

 

e_protain_220.jpg

 

ポンプが外にあった方がメンテナンスはしやすく、お値段もお安です。

選択のポイントはサンプに設置スペースがあるかないかです。今後増える可能性のあるリアクターなどのスペースを考慮してご検討されるといいかと思います。

 

 

詳細な情報はこちらより

 

お店様には本日ご案内しておりますが、まだ確認できていない、見落としているなどのショップもあるかと思います。

ご確認の上でお買い求めください。
それでは皆様、本日もすばらしいアクアライフを
| ReefOctopus | 18:47 | - | - | - | - |
オクトエリートスキマー 値下げ

OCTOの最上級モデルとなるエリートスキマーシリーズを12月上旬より値下げいたします。

価格のご案内は12月4日にショップ様にご案内させていただき12月5日ブログにてご報告させていただきます。

 

 

 

 

 

それでは皆様、明日もすばらしいアクアライフを

 

| ReefOctopus | 23:59 | - | - | - | - |
OCTO VarioSポンプ10/16より出荷開始

一部のショップでは先行して販売してきましたが、いよいよ正式にこちらのポンプも発売いたします。

OCTO VarioSです。

 

お馴染みの自動インペラ洗浄構造・内部冷却構造など少しでもポンプの寿命を長くさせるためのOCTOの長年のノウハウが詰め込まれた商品です。

また、スペックのわりにコンパクトなのはとてもうれしいですね。

 

FAX2017.jpg

 

 

コントローラーにつきましてはスキマー同様で最新型付属。

スキマーと並べて設置してもかっこいいですね。

 

FAXw2017.jpg

 

他社にない付属品がこのポンプには1点付属しています。

それはフロートセンサーです。

このセンサーはポンプの空運転(水なし運転)を防止します。

センサーの故障が心配なお客様はセットしなくてもOKです。

とてもいい機能だと思います。

 

下記寸法です。
近日ホームページに正式なものはUPいたします。

variosサイズ.png

 

スペックと価格になります。

VarioS4は日本では当初取扱う予定がございませんので3機種でスタートいたします。
標準付属品で塩ビが直接接続できます。また、アウト側にはホースアダプターもありますのでホース配管も可能です。
別途日本径各種で配管できる部品も製作いたしました。

無題.jpg

 

現行販売されているDCポンプの中では非常に安心してご使用いただける製品の一つだと思います。

それでは皆様、本日もすばらしいアクアライフを〜
| ReefOctopus | 09:42 | - | - | - | - |
Bio React150 近日発売

 

OCTOよりBio React150バイオペレットリアクターが新発売になります。

こちらのリアクターはかなり大型のため、ペレット容量が500cc程度を最低でも使われる方向けのリアクターです。

最大で1700-2000ccのメディアを循環させることができます。

 

 

 

 

OCTOのメディアもリリースされます。

 

 

 

 

シッョプ様へのご案内は来週の予定です。

Webには各ペレットの適正量なども更新予定です。(現在、それ以外の内容をUPています)

 

それでは皆様、明日もすばらしいアクアライフを〜

 

| ReefOctopus | 23:59 | - | - | - | - |
OCTO DCポンプ VarioS近日発売

VarioS用の塩ビ接続用アダプターが届きました。

日本と海外の塩ビ規格が異なるため仕方ないですね。

 

手前がVarioS 2用 VP13.16.20
奥がVarioS6.8用 VP16.20.25

 

Varios2のIN側にVP16のソケットをつけたイメージ

 

VarioSポンプはACポンプの開発から10年近く、VarioSと名前が変更されたのは最近ですが、同機は既に5年近く市場で販売されているポンプになります。

以前からご紹介しているように、多くのポンプは再生マテリアルを使っています(見た目にはわからず安いから)。Octoはピュアな原材料を多く採用(製品の能力にはあまり影響がないですが、外装的な耐久性と高品質なポンプなので材料も品質の高いものを使用したいといOctoの気持ちとこだわり)のポンプです。

下記写真のインペラ部分の材料は勉強不足でわかりませんが、ボディは旭化成の材料を使用(以前原材料の写真をアップしましたがどこにあるか見つけられず。。)しています。

触ったことのあるショップ様は感じたかもしれませんが、他のポンプと触った感触や重量感も違う気がします。

 

大きなインペラ収納スペースの穴の上には小さな穴があります。

こちらから少量の飼育水が引き込まれ内部の冷却を行い、奥の穴から手前に向かって水が戻る仕組みです。

戻ってきた水はインペラとポンプ内部壁をクリーニングしながら循環水と合流する仕組みです。

少しでもポンプ内部の温度を下げ、寿命と磁力をキープするアイディアです。

 

今回製作したアダプターです。

DCポンプで注意していただきたいことは写真で見ていただければお分かりの通りオリジナルの出口は32mm、日本の90cm以下の水槽に多く使われている配管はVP13-16です(下記の写真はVP13)

こんなにも径が異なります。この径の違いは最大流量低下だけでなくポンプにも負担となります。

大きいパワーのポンプを買ったのに思ったほど強くなかった・・・という多くは配管径が問題だったりします。

既に配管ができてしまっているから変更しようがな無いというお客様が多いとは思いますが、まだ水槽の設計段階であれば少なくとも排水(水槽への戻り)はVP16(又はVP16*2連)を使用。90cm水槽以上ではVP16*2又はVP20くらいを使うことが水質的にもポンプ的にもよいかと思います。

そんな事言っても、出口はVP13*1という方は、DCポンプに少しでも負担をかけないようにコントローラーでの流量調整をしてください。(コントローラーは最大パワーで途中のバルブで流量調整はポンプに負担をかけます)

また、できるだけ配管は水槽の近くまで太い径で配管する事もポンプの負担と流量確保の部分で重要だと思います。

 

こちらはVP16

こちらはVP20

 

例えばゼンスイさんのクーラーならZC500からはVP16の塩ビを直接挿すことができます。

水槽の戻しがVP13(ホース径15mm)でもポンプからVP13や15mmで配管せずにクーラーのIN側までVP16または15mmで配管してクーラーのOUT(出口)で15mmのホース配管にすることが望ましいです。

ちにみにクーラーは循環流量が多いほど冷える効率が高くなります(クーラーメーカーの規定循環水量は守ってください。水圧が高すぎると水漏れの可能性があります)

 

 

 

発売予定モデルのスペック(Octo発表値)です。

VarioS 2   消費電力 25W   揚程4.0m  水量3000L/H

VarioS 6   消費電力 70W   揚程4.9m  水量6500L/H
VarioS 8   消費電力 98W   揚程5.7m  水量10000L/H
少し大き目のポンプを購入し、パワー下げて使うのがポンプにも負担が少なく、故障を回避できる方法の一つかと思います。
""DCポンプは壊れやすい""のはマグネットやACポンプと比べたら事実です。
まだ、発展途上の製品だと思います。
しかし、静穏性やON/OFF、流量調整機能はとても便利です。
DCポンプの故障リスクを避けるためには、設置環境(配管等)がとても大事だと思います。
万一に備えるのは特にマリンアクアの場合は重要だと思います。
ポンプの予備を持つことは経済的にも負担ですが、壊れた時に水槽と濾過の循環が確保できる安いACポンプとホースがあれば何とかなる事も多いです。
また、大型水槽ではメインポンプの2台使用やAPEXなどの機器での管理もリスク回避の方法です。
ポンプの営業ブログですがマイナス面をお伝えするという内容になってしまいました。。(笑)
壊れない機器を提供する事が大切なのですが、アクア用品は壊れます。
"突然壊れたら"を考えて配管や用品選び、リスク回避方法を考えることはユーザーさんにとって大切です。
お金がかかることはショップさんもお客様に言いにくい部分ではありますが、お客様側から相談することでいろいろ提案してくれるショップさんも多いと思います。
また、一番大切なのは私たちメーカーが壊れにくい、壊れない用品をご提供することだと思います。
久しぶりに長くなってしまいましたがOCTOポンプいいですよー。
一部店舗さんではVarioSは1年近くの前から提供していますし、同ポンプの色/コントローラーだけ違う赤ホディだったモデルは3年以上前からリリースしていました。
故障の少ないDCポンプの一つとしてぜひVarioSを候補に入れてください。
来週末より発売できるように進めています。
それでは皆様、本日もすばらしいアクアライフを〜
| ReefOctopus | 23:59 | - | - | - | - |