Twitter
■CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< September 2014 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
■MOBILE
qrcode
■LINKS
■PROFILE
■OTHERS

LSS Laboratory blog

日々の話(仕事の話が多めな岡部個人のブログ)
MACNA 人工ライブロック
人工ライブロックもアメリカでは大きな市場があります。
インドネシアからの輸送の時間やローカルでのコストの問題でアメリカはライブロックが高いです。
そのため、このような人工ライブロックの会社が増えています。

写真はウォルトスミスの製品。
LSSでは同社のフィジーマッドなどを販売しています。 
ウォルトスミスはフィジーに養殖拠点を持って活動。
日本で流通しているフィジーコーラルの一部は同社が輸出しているものもあります。
今回はウォルトスミスはMACNAのスピーカーでもあり、奥さんのデボラさんと参加していました。


とても陽気な方です。
今回のためかは知りませんが、インターズーの時より痩せていてびっくり。
あなたは変わらないねと言われてしまいました。(涙)
使用品に関しては熱烈オファーをいただきましたが、昨年から日本市場に関して他社と協議しているので、取り扱いはできませんと報告。


ウォルトスミスはとてもセンスがいいですね。
リーフプロジェクト2.0なんていうのも今風ですね。


ロックの形は様々です。


断面写真。



こちらはLSSが日本での販売を進めているREALREEF社。
2年越しですね。
今年の4月に入荷した新しいモデルは一部のショップさんでテストをしました。


こちらが断面。
原材料にピュアなバハマのアラゴナイト・カルサイトなどを使用しているのでとても白いです。
よーく考えると、生きているサンゴの骨格色ですね。
ライブロックなどでは古くなったり、通水性の悪い場所で取れた内部の色が茶褐色のもの、軽く多孔質が良いとされていますが、長い年月で多孔質というメリットはありますが、他のメリットとされる栄養面などはREAL REEFのロックは天然品に比べ値段も高いですがその分のメリットもあると考えられます。
簡単に思いつくところでは
・ピュアマテリアルでただのロックやバクテリアーコロニーでなく不足元素の供給やKH・PHなどのキープに天然をしのぐ効果があると思います。
・天然海水で培養はしていませんので、雑菌や病原菌のリスクが軽減されています。
・スポンジなどの付着はありません。
・しゃこ/カニ/その他の外敵の混入もありません。
・環境にやさしい
などの特長があります。メーカーからは30種類くらい聞かされていますが、ホームページ・輸入が確定しましたらホームページを作って更新いたします。

長く使用するものなので一時の値段で決めないのもアクアでは大切なことかもしれません。


今年4月に入荷した商品はもうございません。日本向けの最初の4tの入荷は11月中旬の予定です。
ブランチは細いものをリクエストしました。

それでは皆様、本日もすばらしいアクアライフを
| inter zoo & イベント | 05:46 | - | - | - | - |
MACNA "コントローラーがたくさん"
日本との時差がとてもつらいです。
どうしても日本の昼間がこちらの夜中。
会社のスタッフには事前に話しているので緊急の用件だけですが、取引先には伝えていないところも多く、こちらの朝5時くらいまではなかなか寝れません。
やっと寝れるようになるのはこちらの朝日が昇る時間。その分仕事ははかどります。
ホテルの窓からの景色がきれいだったので写真撮ってみました。  
デンバーは都会でありながら周りには山や自然が豊かな街です。
BC3C6034.JPG

さて、今回マクナで気になったのは各社から出ているコントローラー。
Aiなんて書かれるととても賢そうに感じます。
BC3C5923.JPGBC3C5925.JPG

そして、PuraTek
いろいろな有名メーカーとジョイントしている事をアピールしていました。
BC3C5947.JPGBC3C5946.JPG

そのほかには、オクトパスのUSA代理店傘下のICECAPもコントローラーを準備中でした。
オクトパスのDCコントロールなどもできるようになっていると思います。
僕も商品は今年何度か見させてもらっていましたが、今回かなり進化していました。

また、MMCさんが代理店をしているAquatronicaもブースを出展していました。
アメリカととタッグを組んだので今後大幅な進化があるかもしれません。

そして、われらがApex。
新ver.のタイプから入荷となりますので来月末頃の入荷です。
初回はマニュアルが不十分ですのでサービスパック的に販売予定です。
海外のパッケージ品でPSE未取得のコンセントが入ってしまいます。こちらはお渡しいたしますがご使用いただけません。
(タップはどうしてもPSEの取得が基盤形状の問題で取れません。時期モデルのタップを生産する際に基盤の形を変えてくれるようですが、2.3.10年なのかお約束できません。)水質モニターや各種ポンプなどのコントローラーとしてお考えください。
BC3C6172.JPG

ちょっと前から発売している自動給餌機
BC3C6177.JPG

新型のドージングポンプもデモしてました。
BC3C6179.JPG

かっこいいのですがちょっとでかいですね。
日本には今回LSSで輸入している(近日発売)シグナルを受けて動作するポンプがいいかと思います。
BC3C6167.JPG

5時を過ぎると。。。。
ウオッカタイムになり・・・・
APEXなのになぜか手動で調整。。。APEXの意味ないような。。。 
濃いウオッカを3杯ベッセルさんの社長さんと僕は飲まされました。
陽気なAPEXチームはとっても大好きです。
AIやecotechも完全にできていませんのでApexも時間がかかりそうですが発売に向けて準備を進めていきます。
まだ、価格等は決定していません。
ホームページ・ブログ・apex newsに来月末近くなりましたら掲載いたします。
IMG_0951_R.JPG

それでは皆様、明日もすばらしいアクアライフを〜

| inter zoo & イベント | 23:59 | - | - | - | - |
MACNA
マクナの紹介をたくさんしたいのですが、説明書などが終わっていなくて優先的に説明書を全力で進めています。
そのため、昨日撮った写真だけのアップになってしまいます。
後日詳しくご説明させていただきます。
楽しみにしているお客様すいません。

BC3C5998_R.JPGBC3C5992_R.JPGBC3C5989_R.JPGBC3C5987_R.JPG
BC3C5986_R.JPG
BC3C5982_R.JPGBC3C5980_R.JPGBC3C5966_R.JPGBC3C5955_R.JPGBC3C5950_R.JPGBC3C5935_R.JPGBC3C5927_R.JPGBC3C5925_R.JPG
BC3C5932_R.JPGBC3C5947_R.JPGBC3C5950_R.JPG

それでは皆様、明日もすばらしいアクアライフを〜
| inter zoo & イベント | 00:05 | - | - | - | - |
デンバーのショップ拝見
今回のマクナではホリバのメーターの展示と、LSSで発売している新ブランドreefliveとドイツgrotechの依頼でブースの設置をいたしました。
僕の英会話能力では無理なのでRBJのメンバーtakaさんに依頼してお手伝いいただきました。
takaさんの友達でRBJのメンバーでもあるshinさんにもお手伝いいただくことになりました。
あまりお話したことはなかったのですが、快く引き受けていただき感謝です。

takaさんは地元ということもあり、おいしバーカーショップも知っていました。
美味しそうですよね。(美味しかったです!!)
IMG_0918_R.JPG

簡単なブースですがマクナはこれで十分。
ホリバメーターはとられる可能性があるので会場がOPENしてからディスプレー。
IMG_0919.JPG

ブースの設置も終わり、takaさんの案内でshinさんと一緒にショップめぐり。
IMG_0933.JPG

IMG_0932.JPG

レッドシーのマックス水槽。
アメリカだけでなく、全世界で売れているようですね。
IMG_0920.JPG

アメリカに多いのですが、水槽の横に関連製品の販売ブースがあります。
接客しやすいし、お客さんも商品名などがわかるのでいいですね。
写真ecotech
IMG_0921.JPG

こちらはAI
IMG_0922.JPG

最初のお店は用品も充実
IMG_0924.JPG

IMG_0923.JPG

海苔も売られていました。
IMG_0925.JPG

店内の販売タンクのAIの現行品の一つ前のsolを使用
IMG_0927.JPG

こちらのタンクはkessil
IMG_0928.JPG

redseaコーナーもありました。
ZEOとかもこんなパネル作りたいですね。
冷蔵庫付で。。。。
IMG_0929.JPG

新商品はレジ横に。ディスプレーのレベルは別として、来店したお客さんが最初に見る市でもあり、レジ客や帰りにも見るエリアに用意。
なかなかの商売上手な店と見ましたぞー。
ちなみにこちらのポンプはアクアメディックの水流ポンプ。 コントローラーがjebaoに似ているのは気のせいでしょうか。。
IMG_0931.JPG


2件目はこちら。
IMG_0935.JPG

アメリカのショップは空間が多く、ゆっくりと見れるのがいいですね。
日本は土地が高いので仕方ないですが。。
IMG_0936.JPG

どこのショップさんもESHOPPSにスキマー・サンプなどを在庫している率が高いように思います。
IMG_0937.JPG

そして、もう一軒のショップ
気になったのは小型水槽に枝のロックを入れてマメスナを数か所に配置。
時間をかけてマメスナツリーにするそうです。
IMG_0942.JPG

こちらのショップはマクナにもフラグブースを出展しているショップ。
写真手前の水槽の真ん中の空間はtakaさんが購入したサンゴのあったスペース。
カラーがとてもきれいなナガレでした。
写真撮り忘れてしまいましたが、ソルトのバケツに直入れでした。(ワイルドですねーUSA!!)
IMG_0943.JPG

そして、takaさんが注目している濾過槽などのメーカー
残念ながら閉店していましたが、マクナにブースがあるようです。
IMG_0941.JPG
夕食もごちそうになり楽しい時間が過ごせました。マクナのブースよろしくお願いします。



それでは皆様、明日もすばらしいアクアライフを〜
| inter zoo & イベント | 00:04 | - | - | - | - |
MACNAへ
今回のマクナはデンバーで行われます。
デンバーには成田から直行便がUAであるのですが、個人的にアメリカ系の航空会社のチェックインのわずらわしさやサービスが苦手なのでいつものANAで行くことにしました。
大好きな787はまだ国際線の数が少なく、サンノゼ行きがデンバーに近かったのでサンノゼ経由で行くことに。
しかし、、、よくあるアメリカ国内でのフライトの遅延で到着が1時間遅れて到着。
残念ながらRBのjakeさんのホームパーティーには参加できませんでした。。(マクナは毎年開催地が変わるので次にデンバーで開催は遠い先。。。残念)


空港からホテルまでは距離があり、タクシーだと60$以上かかってしまうのでスーパーシャトルにて移動。
乗合いタクシーみたいな感じでホテルまで送ってくれます。
ただ、誰から到着するかはドライバーさん次第なので時間のロスはあります。
IMG_0910_R.JPG


今回、お土産やブース展示品などの量が大変多くて
IMG_0911_R.JPG

10USDが加算。32USD.
このスーパーシャトルはアメリカでは定番で、会社名は違いますが、それぞれの地域にいくつかの会社が運航しています。
__.JPG

そして、もっとも大切な準備は。。。。
電話カードとWifiの準備。
左側は電話用のカードセットで自分はiPhone5sに使用。
カード代10USD  通信代金25USD で利用。
日本からの電話が多いので、スカイプアウトで転送にしているのでどうしても現地のsimカードが必要になってきます。

wifiはいつくかのプランがあります。
日本でレンタルwifiもあるのですが、田舎だと電波がよわかったりする会社の場合があるため大手のデーターsimを購入するようにしています。
料金は250M 15USD
1.5G  25USD
5G 50USD
となっています。平均すると日本からのレンタルが1000/日なので5日以上の滞在ではお得です。
IMG_0979_R.JPG

USA初日の夜はESHOPPSから電話がかかってきて、食事に誘ってくれました。
気にしてくれる人がいるのはうれしいです。
IMG_0912_R.JPG

それでは皆様、明日もすばらしいアクアライフを〜
| inter zoo & イベント | 23:59 | - | - | - | - |
LssTV54 ZEOvit-shop tank  
ポールさんにショップの水槽を紹介していただきました。
結構ラフに飼育している感じがします。(もちろんサンゴの様子見て添加剤の調整などできる方だからですが)
 

簡単な説明動画ですが、大きく日本の水槽と異なる部分もありました。
水量に対して強すぎないスキマー
水量に対して循環水量が1-2回転前後ということなどです。

今後、ドイツ語verで撮影した細かい部分の説明もアップしていきたいと思います。



先ほどアメリカのサンノゼに到着、乗り継いでデンバーに向かいます。
一睡もせずにアメリカに来てしまいました。(理由は簡単で日本でやり残した仕事大量に思い出したため)
でも、これで現在こちらは12:30です。
時差もなくいい感じ。

それでは皆様、本日もすばらしいアクアライフを〜
 
| ZEOvit(New Item,etc....) | 04:39 | - | - | - | - |
MACNAその前に
MACNA出発前に大量に注文したエーハイムが到着。
1048や1250などの水陸両用ポンプ
__ 2.JPG

コンパクトマリン300台。。。
__ 4.JPG

こちらも水陸両用ポンプ
定価は変わらないのですが仕入れ条件が変わってしまうので追加で注文した分が届きました。
当面は価格を上げずに提供できますが、小型のポンプなどBPリアクターなどで使用できる自社ポンプがほしくなってきました。
__ 3.JPG


別件で、アクアサンマリンさんの浄水器システムを紹介しましたが、お客さんではいないですよね。。。なーんてお話したら
最近だとこんな感じユニットも納品したよとのこと。(名古屋のN様)
お店のよりすごくないですか。。。
名古屋恐るべし。
2.JPG

そして、MACNA出発前の準備。
今回のお土産はカニ汁や野菜たっぷりお味噌汁、カップヌードルマグ付、RBのtakaさんとも初めてお会いするのでレトルトカレーを。
3.JPG

そうするとでかいスーツケース*3 機内用スーツケース*1 リュック*1
(今回 ホリバさんのメーターを展示するのでその資材もありますがお土産で1.5ケース。。。)
いつもお世話になっているので喜んでもらえればいいのですが、前回の展示会の時は爪切りでした。
__ 1.JPG
空港でチェックインすると75kg.
32kg*3までが無料なのでもう少し持ってこれたかもしれないですね。
ANAでママイルためててよかったと思う瞬間。
__ 5.JPG

ブログも書いたし、やり残したことなーし。と書きたいところですが
出発するといろいろ思い出すはず。

今回はデンバーのショップ見学も予定しているのでそんなブログもかければいいなぁと思います。




それでは皆様、本日もすばらしいアクアライフを〜
 
| 日々のはなし | 16:28 | - | - | - | - |
Eshopps ドージングポンプ & MACNA

KHとCA濃度を添加剤でカバーする方が最近増えたように思います。
最近は海外サイトでメーカーより情報入手する方も多く、僕ら代理店より早いことも。。。

こちらは以前にも紹介しましたEshoppsのドージングポンプ。
2連のかわいいモデルです。
お値段もリーズナブルな商品はUSAでもいつも欠品。。
次回生産ロットに注文を混ぜてもらったので秋には到着すると思います。


今年はいろいろなドージングポンプがリリースされます。
自分にぴったりの商品を見つけてください。
iv200.jpg

Eshoppsの社長。
Macnaで久しぶりに会います。



さぁマクナはもうすぐ。
MACNA開催前ですが、以前からオファーのあったアメリカの会社さんと取引を開始することにしました。
日本のお客様に喜んでいただけるブランドだと思います。
まだ、名前は公表しませんがお楽しみに。




それでは皆様、明日もすばらしいアクアライフを〜
| ESHOPPS | 23:59 | - | - | - | - |
照井さん 
最近、照井さんによく電話をかける。
照井さんとは僕のブログによく出てくる工場長といわれている人のこと。
お互い忙しく、電話で話すことも最近は少なかったのですが、この数日電話で話してから僕が一方的に電話をかけている。
その理由は照井さんがパワフルな人で何でも遠慮なく言ってくれる人、新しいチャレンジをいつもしているからかもしれません。
20130923_526345.jpg

照井さんは世界のえびブリーダーでは知らない人はいない紅蜂グループのリーダー。
最近は、@栃木工場のまるしょうさんと新たに海老問屋まるしょうを立ち上げた。
不景気なアクア業界。エビも一時のような高値はついていない。
そんな時でも照井さんは前しか見ていない。
過去振りかぇってどうするのベッチ? と。。(えび業界ではベッチと呼ばれている私)
今年は赤字だけど来年からは すごいよーと。
10521698_440614392744731_6935458738982833132_n.jpg

照井さんとの付き合いは古い。
照井さんはどこにでも行くし、人と話すのが好きだ。
紅蜂ギャラリーやエビの直売イベントなども先駆け的に仕掛けてきた。
20100908_1170225.jpg

B-BOXの松戸店さんのイベントは特に盛り上がった。
写真ヨーク見ると懐かしいあの人も。
20100712_1080013.jpg

2周年のイベントはホテルで大宴会。多くのブリーダーやメーカーも仙台に集まった。
20120415_2514265.jpg

海外でのコンテストも開催。みんな自腹で行きました。これも照井さんの人柄だろう。
20120214_2444439.jpg

どこに行くのも紅蜂Tシャツ。 
写真はタイの空港。
20120709_2606800.jpg

上海の船でも
20120709_2606815.jpg

タイや韓国、香港、いろいろなところに行きました。
でもやっぱり紅蜂T
20120214_2444451.jpg

照井さんといえば赤パン 
冗談かと思っていたら、チラッと見えたズボンの中は赤パンだった。
風貌からは想像もつかないほど縁起を気にしたり、細かいことに気がつく。
それでいて大胆な行動も多い。
20130922_522591.jpg

写真見直していたら、昔に中国にいった時に市場では30枚くらい赤パンを買っていた
20101010_1213031.jpg

照井さんはエビ本の著書もしている。
たまたまなのですが、コーディネーターの新野さんとは20年近く前からのお知り合い。
共通な知り合いと一緒に仕事できるのもとてもうれしい。
20120513_2546708.jpg

照井さんはゼンスイさんともコラボしていた。


照井さんや、三村さんは時に子供のようにはしゃぐ時がある。
周りが困るほどに。
でも楽しい。 それを見ている僕も楽しくなる。
20120624_2591276.jpg

今日は何でこんなブログ書いたかわからないのですが、照井さんと話していていろいろ考えた。
今、自分ができること。やりたいこと、やらなくちゃいけないこと。
やるかやらないかは自分次第。
どんな栄養剤よりも効果的で、自分の弱さ・足りないところ・人生、いろいろ教えてくれる照井さん。
いつもありがとうございます。

あたらしい試みの海老問屋まるしょう 応援します。

ps:照井さん ブログにするつもりで話していたわけではまったくないのですが、なぜか夜中になったら急にブログに書いて残したくなってしまいました。でも頭の回転50%で内容と誤字は許してください。
勝手に書いてすいませんでした。



僕も何か新しい事をやろうと思います。
できることから。。




それでは皆様、明日もすばらしいアクアライフを〜
 
| Red Bee Shrimp | 23:59 | - | - | - | - |
定番スキマーとB-BOXさんのフラグ
LSSではいろいろなスキマーを販売しているからどれが一体お勧めなのかとよく聞かれます。
私の答えは、お客様の飼育するものや商品それぞれの特徴をご説明して最後はお客様に選んでいただいています。

値段が高い = スーパースキマーではないからです。
高い価格には、メーカーの利益率の考え方、流行、製造工場の価格設定、輸送コスト等々、いろいろな要因から計算されているからです。

たくさんのスキマーが市場にある中で売り上げ数が安定している商品は、販売するショップさんが多くのお客様に安心して提供できる商品で、価格・機能・サポートなどのバランスが取れているということではないでしょうか。
その商品はリーフオクトパスのISE800SSSです。
 
nw800ss.jpg

エーハイムコンパクトマリンポンプを搭載し、スキマーボディ内にセットされたコンパクトなスキマー。
排水口はゲートバルブを採用しているので細かいスキマー内の水位調整が可能です。
ハーフコーンボディーとロングネック採用で汚れもばっちりキャッチします。
現在支流になったDCスキマーに近い静音性(ポンプがスキマー内に収められているため十分静か)で、ポンプ自身にバルブがあり流量調整ができ、コントローラーやACアダプターがない為シンプルに配線できる部分は初心者の方の余計な事故も軽減できると思います。

60*45 60*60 90*45 のサンゴ水槽
wetフィルターと組み合わせて120*45 までの魚水槽
に私は推奨しています。

生体や他の要因でスキマーのチョイスは変わります。
この部分をアドバイスしてくれるのがシッョプさんだと思います。
ネットの情報とあわせていろいろお店さんに相談してみるのがいいと思います。


そして、先日B-boxさんのFragコーラルの写真が更新されていたのでご紹介。
10641021_323848891131175_2662512554218829320_n.jpg

ショップだから当たり前かもしれませんが、コケがなくきれいに管理されています。
大変だろうなぁ。。。 見ていて気持ちいい。
10610726_323847287798002_581741797273678787_n.jpg

店内にはこんな感じの水槽が4.5本あります。
すぐに販売されていないので、各社のLEDやT5ライトなどの特徴、組み合わせなどの情報も来店すればサンゴを見ながら聞けますね。
10574217_323847124464685_6796598347368067101_n.jpg

そして、先日気になっていたASMさんのROシステム。
これを見てわかった方ユーザーさんは相当の通ですね。

白筒と赤筒の間にあるのはヒートシンク付の加圧ポンプ
赤筒はマグネットで水のクラスターを細かくし活性させます。
ハイ・ロー2種のプレッシャースイッチ
インラインTDSメーター
アキュームレーター(右上の黒)(一時水を貯めて置くタンクで2つのプレッシャースイッチのON/OFFが微妙な差で作動するのを防止)
間違っていたらすいません。。。。  このようなディスプレーをみるとプロショップを感じますね。
__.JPG

それでは皆様、本日もすばらしいアクアライフを〜
| おすすめ商品 | 11:57 | - | - | - | - |